はちみつと焼酎

BTS 방탄소년단/SUGA. 日本語訳など

移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

BTS RMはスーパーカーじゃなくチャリンコに乗る/BIGISSUE Korea コラム訳

BIGISSUE KOREAの連載コラム「人生はアイドルだ」が面白いので、ピックアップして訳します。Papagoで下訳してその後整えてます。

筆者はKPOPコラムニストのチェ・イサクさん。

content.v.daum.net

BTS RMはスーパーカーじゃなくチャリンコに乗る

「俺の夢はラップスターになること」

BTSのリーダーRMは運転免許証を持っていない。

お前の夢は何だよ。俺はラップスターになることだ。

'Born Singer', 2013

と世俗的成功を望んだ少年は、全地球的音楽のアイコンに成長した今、成功したラッパーの象徴であるスーパーカーではなく、「チャリンコ」に乗る。 世の中のすべてをブラックカードで一時決済できると信じる「スーパーカーの世界」を拒否するかのように。

ラップスターRMはダイヤモンドのアクセサリー、シャンパン、プールサイドパーティー、ファーコートではなく、美術館に行き、植物を育て、運動する姿をSNSに上げる。 RMは、本当のフレックスは所有ではなく、良い趣味から来ていることを知っている。

RMはラップモンスターだった。 2017年11月、「開かれた心と観点で音楽を制作したいという思い」を込めて自ら活動名を変えた。 ラップモンスター時代の彼は「おまえがA$AP、Kanyeよりヒップホップなのか?」(「Do You」、2015)のような歌詞を書いた。 ラップモンスターの音楽は、自分を認めてくれる誰かと、自分が勝たなければならない誰かに対する切ない告白のように感じられる時があった。 その時代が過ぎRMになった今は「午後のおやつのように、この小さな瞬間のために生きてきたと思う」(「Bicycle」, 2021)という歌詞を書いている。 最近、彼は自分だけのリズムと速度を見つけたかのように自然で自由に見える。ひたすらラップで世界を打ちのめすと言っていた少年は、ビルボードシングルチャート1位を記録した最新曲「Permission to Dance」(2021)で、曲の性格とバランスを考慮してラップパートを外し、パフォーマーとして楽しく身を任せることのできる歌を完成させるのに貢献した。 今、RMの音楽は、普通の芸術家がそうであるように「私は誰なのか」に対する誠実な探求の道程を表している。

ある人たちはいまだに聞く。 「RMが芸術家なのか?」「アイドルが芸術家になれるのか?」さらには彼の趣味生活にもレベルを論じようとする。 しかしRMは何も証明しなくても良い。 「RMは芸術家なのか?」という質問は、 「RMがなぜ芸術家ではないのか?」に 変えられないといけない。 今や証明はその人たちの仕事だ。 なぜなら、今は2021年だから。

RMの熱い魅力

RMは可愛い。 彼をワールド大スーパースターBTSのリーダーや、UN総会の講演者として先に覚えている大衆はこの事実をよく知らないだろうが。 YouTubeで「RM 面白い映像」などを探せば分かる。 大きな体格で、意図しないギャグをし、変な言葉遊びに心酔する彼の姿には、色とりどりのボールを一生懸命転がすコアラのような可愛らしさがある。 健全で率直な絆の中で身についたRMの無害で愛らしい態度は、人を心から笑わせる力がある。 「ARMYレンズ」を外してみても、 客観的に面白い。 RMだけでなくBTSメンバーたちはみんな面白い。 私を含めて多くの人がBTSのウェブバラエティ番組「走れバンタン」を<無限挑戦>再放送を見るように乾き枯れるまで見ている理由だ。

RMの魅力を話すときは、外観は欠かすべきではない。 RMは格好いい。態度と思考も格好いいが、ビジュアルは特にクールだ。 彼は私が知っている人の一人、ダニエル・ヘニーの次に素晴らしく笑う人だ。どんなスーツでもオーダースーツを着たかのように格好いい、すらりとした身長と男らしい体格も持っている。 彼がSNSに上げる美術館に行き自転車に乗る日常を写した写真は、韓国語を「こんにちは」と「混ぜて」しか知らない外国人も、「ナムチンチャル(彼氏っぽい)」の意味を理解することができるようにする。

RMの魅力は当然舞台の上で最も強烈に発散される。 RMのラップは力強い。 少し俗っぽい表現ではあるが、火釜チムジルバンの麦盤石のように一緒にいる場所の最後列まで熱さを伝える。 その力でRMは勢いを作る。 舞台上の彼の爆発的な存在感は、公演の起承転結を形成する主要なナラティブの一つだ。 巨大なセットとドラマチックな舞台効果はRMを補助するだけだ。

感動はここで終わらない。 RMの言葉は手紙のようだ。 すべての文章には誰かに対する懐かしさと安否を問う優しい心が込められている。 手書きで書く人にだけ可能な情緒だ。 歌手として、一人の人間として持っている全てをすべて燃やさなければならないコンサートで、彼は世の中で最も熱い心の手紙を読み上げる。 その瞬間、観客は何故BTSに向けた自分のオタク心がこのように本気なのかを改めて悟る。 これがビルボードシングルチャートで10週連続1位(2021年8月3日基準)を記録しているBTSリーダーの真の底力だ。

"俺の夢は俺になることだ"

もしRMにインタビューできるなら、すべての手順の最後にこの質問をしたい。 2017年12月に行われた<The Wings Tour: The Final>で「Born Singer」を歌った時、「俺の夢はラップスターになることだ」という歌詞を俺の夢は本当の俺になることだ」と変えて歌ったが、今その夢を叶えたと思うかと。

まあ, どうだっていい。 RMはARMYにとってリーダーでありラップスターであり 作家だが、この中の何者でもなくても大丈夫だ。 運転免許証がなく、コアラのように可愛くて、手紙を書くように話すあなたは、いつまでもファンの愛であり、誇りだから。